FC2ブログ
ココアちゃん ごめんなさい!
2014 / 11 / 22 ( Sat ) 22:13:29
この間の火曜日の朝のお父さんとの散歩
ひまわりがココアちゃん(ゴールデン12才の女の子)を噛んでしまいました。
ココアちゃん本当にごめんなさい。
申し訳ありませんでした。
他の人におやつをもらっている時に後ろから来たココアちゃんをいきなりひまわりが噛んだそうです。
大切なわんちゃんを何もしないのにいきなり噛んで傷をつけられたらムチャクチャ頭にきます。
私だったら相手の犬を蹴飛ばし飼い主の横っ面をはたいてやりたいと思います。
実際にはできませんが、それくらい腹立たしいということです。
それなのにココアちゃんのママは許してくださいました。
本当に感謝しています。
翌日傷を見せてもらったところ目の下にかさぶたができていました。
もう少し位置がずれていたら目を傷つけていたかもしれません。
ぞっとします。

従順で穏やかな犬を飼っている人には信じられないでしょうが。
ひまわりは臆病と攻撃性の表裏一体型
とっても不安定なところがあります。
犬とのトラブルが発生しやすいです。
それは野良犬だからとか保護犬だからとかではなく血統だと思います。
三つ子の魂百までなんて言いますが
犬はなおさら親から受け継いだ血筋、性格は変えることはできないでしょう。
でも生活環境や飼い主の愛情で気持ちを安定させることはできると思います。
ひまわりはいつも攻撃性をはらんでいるわけではなく
不安定な時に条件が一致すると攻撃的になります。
雌犬とは、ほとんど合いません。
女の子のそばでリードを放すなんて言語道断!!
飼い主とリードでつながっているから安心していられるんですから
朝よく一緒に散歩をしてくれる子たちにはだいぶ慣れてきています。
それでも至近距離では油断は禁物!

なので、いつも気持ちを安定させるようにするのが飼い主の務め
それなのに務めを怠ったお父さんにレッドカード
今までにも何度となくお父さんと散歩のときにトラブル発生。
不安定な要因を作ることで、ひまわり自身にもストレスがかかります。
お父さんも今回は少しは、反省したようですが、、、
厳重注意しましたから。
しかしながら、のど元過ぎれば熱さ忘れる。
また同じ事を繰り返しそうです。
だからこそレッドカード
次にトラブルが発生した時には空とひまわりの散歩はお父さんにはさせません。
犬の気持ちがわからない人には任せられませんから!!

、                                        以上




ペット TB:0 CM:2 admin page top↑
back * HOME * next